限界を超えると糖尿病に

太っている人は健康を維持しようとして、身体の機能のすべてをフル回転させるという特徴があります。
もちろん、これは無意識のうちに身体が勝手に行っている働きです。
これによって、肥満体型にあるなかでも辛うじて正常な健康状態を維持しているわけです。

例えば、一年や二年のうちに10キロくらい太ってしまった場合でも定期健診などでは血糖値なども含めて異状なしになるパターンが多いようです。

こうなると、安心してそのまま暮らしてしまう方もいらっしゃるかと思います。
しかし、本当は放置してしまうと知らないうちに症状が悪化してしまうのです。
身体に異変を感じて病院で受診したときにはすでに糖尿病になってしまっていたということも少なくありません。

痩せている人は少ないインスリンでも大丈夫なのですが、太っているとインスリンの必要量は増えます。 そのため肥満状態が長く続いてしまった場合には、結局インスリンを分泌する膵臓が疲弊してしまいます。 これでインスリンが分泌されない状態になると、それは糖尿病なのです。

そのため、体重が増えた段階で生活習慣病にはしっかりと注意する必要があります。

その段階で血糖値はOKと出ても、それはおそらくギリギリの段階であり、
いつ糖尿病を発症してもおかしくないということ。
メタボリックシンドロームの危険因子はどれも同じことが言えるので、注意しましょう。

そしてローヤルゼリーはその状態を改善する事が出来る数少ない健康食品です。
ローヤルゼリーの効果として挙げられるのがメタボリックシンドロームの改善。
これをしっかりと活用することが出来れば、きっと健康な状態を維持することが出来るはずです。

睡眠時無呼吸症候群

メタボリックシンドロームは睡眠時無呼吸症候群の原因にもなります。
ローヤルゼリーはメタボの改善が出来るということから、間接的ではあるものの、
睡眠時無呼吸症候群の予防が出来るというわけなのです。

そもそも睡眠時無呼吸症候群とは一体なんなのでしょうか?

これは、睡眠時に突然呼吸が停止してしまい無呼吸の状態となり、
その後に大きないびきと共に呼吸が再開するというもの。

メタボと非常に密接な関係にあり、どちらも肥満を大きな背景としています。
これが続くと身体に大きな負荷がかかってしまうということから、
高血圧や虚血性心疾患などの原因にもなります。

特にメタボと睡眠時無呼吸症候群の合併率は非常にたかく、
約半数はどちらも合併していると言われています。
ローヤルゼリーの効果を活用して、しっかりと改善をはかりましょう。

Copyright© 2013 Royal Jelly power All Rights Reserved.