メタボの原因は内臓脂肪

お腹の中にたまる内臓脂肪は、正確にいえば腸に血液を送る血管系をつなぐ役割を持った「腸間膜」という組織を中心にした隙間に溜まっていきます。

内臓のまわりに脂肪がつきやすいのは、腸のあいだの隙間には空間があるからなのです。
適度な量であれば、脂肪がついたとしても、むしろクッションのように内臓を保護する役割をはたしてくれるので有用性があるのですが、 過剰になってしまえば内臓が圧迫されてお腹の中の血管までも負担を被ることになります。 結果的に様々な障害が生じてしまうというわけです。

脂肪細胞が分泌する悪玉と善玉

脂肪組織というのは、脂肪細胞から成り立っています。
これまでに使い残したエネルギーを脂肪に変えて溜め込む貯蔵庫としての働きをもっていると考えられていたのが脂肪細胞ですが、 近年の研究結果によれば、脂肪細胞は実は身体の中で作用してくれる様々な物質を分泌していることが明らかになったのです。

これらはホルモンのような物質であり、脂肪細胞から分泌されるということから、アディポサイトカインと呼ばれています。 アディポサイトカインは脂肪細胞の代謝が活発に行われていない皮下細胞に比べると、非常に活発に代謝が行われている内臓脂肪で分泌されます。

そして、血管を通して全身に運ばれて血糖値は脂質代謝、血圧などに影響を及ぼすのです。

善玉である「アディポクネチン」

アディポカインには、コレステロールと同じように善玉と悪玉があります。
善玉がアディポクネチンであり、内臓脂肪の細胞が巨大化するとこの善玉の分泌量が減ってしまいます。
そして、逆に悪玉の分泌量が増えてきます。
善玉であるアディポクネチンが増えていくと、高血圧や脂質異常を改善する働きが活発になってきます。
また、血管内を流れて傷ついた血管を修復してくれる働きまで持っているのです。
つまり、動脈硬化を防いだり改善したりする働きをもっているのです。
したがって、アディポクネチンが減少すると動脈硬化は進行してしまいます。

肥満で善玉が悪玉になってしまう

アディポクネチンを増やすのが健康には良いわけですが、その生みの親である脂肪細胞を増やすのは間違いです。 実は脂肪細胞は増加するのではなく、肥満の重度に応じて変化するものなのです。

脂肪細胞はあるていどのサイズまではアディポクネチンを分泌し続けますが、
大きくなりすぎるとアディポクネチンの分泌をやめてしまいます。
結果的に悪玉が増えてしまいます。

これがメタボの引き金になってしまうのです。

ローヤルゼリーの摂取はこの予防に大きな役割を果たしてくれます。
もちろんローヤルゼリーを飲めばメタボがみるみる解消されるというわけではありません。
しっかりと運動と食事を管理したうえでローヤルゼリーを活用する必要があります。
それが出来れば、ローヤルゼリーは最高の健康アイテムとなるでしょう。

Copyright© 2013 Royal Jelly power All Rights Reserved.