葉酸とローヤルゼリー

ローヤルゼリーには若干量ではありますが、葉酸が含まれています。
葉酸は健全な発育や貧血予防に効果を発揮してくれる成分であり、科学名はプテロイルモノグルと呼ばれています。 水溶性であり、妊娠の初期に必要量が高まることで知られており、必要不可欠なビタミンといえるでしょう。

葉酸は1944年に貧血の予防因子として発見された成分です。
ビタミンB群の一種としても知られており、細胞を新しく生み出す力を持っています。
また、正常な赤血球を形成するのに欠かせないビタミンでもあり、細胞分裂が盛んである子供や胎児には必要不可欠だといえます。 ローヤルゼリーに豊富に含まれているということからもわかるとおり、葉酸は体内で様々な働きをしてくれます。 では、いったいどんな効果があるのでしょうか?

細胞の新生をサポートする

葉酸は細胞の遺伝子情報が詰まっているDNAという物質を合成するのに必要な栄養。
詳細にいうならば、DNAの成分を合成をするための酵素が働くのに必要な補酵素と呼ばれる栄養です。
DNAの合成が正常になされることによって、細胞はその情報を正確にコピーしながら、分裂して増えて行きます。 それはつまり、新陳代謝や健康な発育に欠かせないということ。

しかし、葉酸はどうしても日頃の食事では不足しがちになってしまいます。
意識的に献立を考えるか、ローヤルゼリーを積極的に摂取する必要があります。

正常な赤血球の発生をサポートする

赤血球の寿命は一般的に4ヶ月ていどだと言われています。
体内では常に新しい赤血球が作られており、葉酸は赤血球の根源となる赤芽球を作る機能に関与しているのです。 赤芽球が正常に作られなくなってしまうと、当然のことながら、赤血球も正常に形成できません。 この循環が正常におこなわれることによって、貧血の予防に役立ちます。

ローヤルゼリー以外では?

葉酸はローヤルゼリー以外にも含まれています。
食品でいえば、もっとも代表的なものに牛レバーが挙げられるでしょう。
もちろん豚や鳥のレバーにも含まれていますが、牛のレバーがもっとも豊富に葉酸を含んでいます。
この他にもフォアグラや菜の花、モロヘイヤなどに豊富に配合されています。
芽キャベツにも含まれていますが、他の食材に比べると含有量はやや劣ります。
ローヤルゼリーにはこの他にも豊富にビタミンやミネラル、アミノ酸を含んでいます。
これらの栄養素が組み合わさって、健康な身体をつくってくれるのです。
積極的に活用して、毎日を元気に過ごしましょう。

Copyright© 2013 Royal Jelly power All Rights Reserved.