ローヤルゼリーがニコチンを追放

コーヒーや紅茶を飲むことによって頭がすっきりと覚醒できるということは間違いなく事実です。
これは珈琲に含まれているカフェインが大脳皮質に作用して興奮させるということが大きな背景となっています。 しかし、逆に飲みすぎれば不眠や不整脈をはじめ、胃痛や下痢などを引き起こすことになります。 心臓に対しても悪影響を与えてしまうということが最近ではわかってきています。

その反対にお酒は脳の働きを抑制・鎮静する作用があると言えるでしょう。
アルコールはプロカインと一緒で、麻酔のような働きがあるのです。
酒は百薬の長という言葉があるとおり、適度な飲酒は健康のためにも効果を発揮してくれますが、
飲みすぎれば生活習慣病をはじめとする”万病のもと”になりかねないので注意しましょう。

その一方でタバコにはどんな効果があるのでしょうか?
頭をハッキリさせてくれたり、鎮静してくれる効果があるのでしょうか。
結論からいえば、今のところはニコチンが生命活動に好影響を与えるというデータや実績はありません。
ただし、タバコは自律神経を興奮させて脈拍を促進させたり血管の痙攣をおこすということはわかっています。 この作用が頭をすっきりさせるという錯覚の原因となっているようですが、タバコはなんといっても有毒性の方がはるかに大きいと考えられます。
この事実はすでに多くの人が承知している通りです。

では、脳に効果的に働きかけてくれる栄養素にはどんなものがあるのでしょうか?
そのもっとも代表的なものとして挙げられるのがビタミンB群です。
ビタミンB1はタンパク質にも必要であり、B6やB12は血液の酸欠を防ぐような働きがあります。
ローヤルゼリーは頭を良くしてくれると言われていますが、これはγ-アミノ酸という人間の脳にしか存在しない貴重なアミノ酸を含んでいることが背景となっています。

ヘビースモーカーは年齢を重ねるごとに頭が悪くなると言われています。
つまり、ボケが進行するのが早いということです。
その理由は至ってシンプルであり、タバコのニコチンが頭の血液の流れを悪くしてしまうからです。
最終的には、これが動脈硬化を進行させて脳梗塞や心筋梗塞などの重篤な疾患を引き起こします。
その他にも肺がんなどのリスクも数倍に高まってしまいます。
ローヤルゼリーはそんなニコチンを体外に追放してくれる効果もあります。
健康に不安を抱えている喫煙者の方は禁煙だけではなく、その後のローヤルゼリー摂取も検討してみてはいかがでしょうか?

Copyright© 2013 Royal Jelly power All Rights Reserved.