痛風に効くローヤルゼリー

一見したところでは健康そのものといった感じの男性が、ある日突然に激しい足の親指の痛みを感じることがあります。 その痛みはあらゆる痛みのなかで最高のものとも言われており、男にとっての”お産”くらい痛いという人もいるようです。
親指はみるみるうちに腫れていき、圧痛も非常に強いと言われています。
実は、これが痛風という病気です。

風が吹いても痛いということから痛風と呼ばれているこの病気は、血液中に尿酸が増したために引き起こされたもので、99%以上の確率で女性ではなく男性がかかると言われています。

さらに、一度かかってしまうと一生治療を続けなければいけないとも言われており、非常に恐ろしい病気といえるでしょう。 痛みが引き起こされる場所は最初は殆どの確率で足の親指です。
これはデータでも明らかになっており、約70%程度の確率だと言われています。

第二回目以降は、身体の各部で引き起こされると考えられており、関節や腱などに発作がおこることがほとんど。 そのため、しばしば関節リウマチと勘違いされることがあります。

この病気の原因は美食にあると言われることがあり、特に肉類の摂り過ぎは大きな誘因となります。
さらに、アルコールの飲みすぎも原因と言われているので控えめにするように努力してみましょう。
痛みが起こるメカニズムとしては、関節内に尿酸の結晶がたまってしまうということが第一の原因と考えられています。 それを白血球が排除しようとして、それが死滅することによって炎症が起こるのです。

もともと尿酸は尿素と同じものであり、尿に流れて排出されるのが正常な仕組みです。
それが食事から摂取したタンパク質の分解や代謝の乱れによって血液中の尿酸濃度が濃くなってしまってしまいます。 痛風にかかりやすいのは、性格的に激しい人が多いといわれています。

この他にも、活動的である人や知的な人、神経質な人に起こりやすいと考えられています。
このことを踏まえると、痛風はストレスが引き金になっているとも考えられるでしょう。
ストレスは高尿酸血症になりやすい要因のひとつだからです。

続発性の痛風といって、白血病の治療時や高圧利尿剤を使用した場合に起こるケースもあるようです。
この場合も常に血中尿酸値が高い場合は痛風を発症していない場合でも治療が必要になってきます。
タンパク質の代謝異常の結果として、プリン体が蓄積されていき、これが原因で尿酸が過剰に生成されてしまうため、 ローヤルゼリーの代謝物質は確実に効果を発揮してくれるというわけです。

近年では、ローヤルゼリーに配合されているビタミンB6もタンパク質の代謝に関与しているということがわかってきています。 その点もふまえると、ローヤルゼリーは痛風の改善に非常に役立ちます。

Copyright© 2013 Royal Jelly power All Rights Reserved.