アレルギー改善に

最近になって、アレルギー疾患で悩む人が増えてきたように感じます。
アレルギー疾患の場合は抗原をアレルゲンと呼びます。
そして、それに対する抗体をレアギンと呼称します。
アレルゲンとして挙げられるのは、体外から身体の内部に入ってくる食品や植物、動物などが挙げられます。 結果として、アレルギーによって引き起こされる疾患として気管支ぜんそくやじんましん、アレルギー性鼻炎(鼻づまりや鼻水)やアレルギー性結膜炎(目の痒み)などが存在します。

アレルギーはそもそも1906年にオーストリアのピルケーという人物が提唱した言葉であり、正常と異なった反応という意味です。 人の身体は異物が入ってきたときに、これに対して抗体を作り出すという働きがあります。 そして、再び同じ異物が入ってきたときには、これに対して身体が抵抗するために反応が起こる訳ですが、普通以上に強く反応してしまう場合に「アレルギー反応」と呼ぶのです。

いわばヒトの身体が過剰防衛している状態と言えるでしょう。
これがアレルギー疾患のメカニズムです。

このアレルギー疾患では、組織のなかで抗原と抗体が結合すると科学的伝達物質があらわれて組織を刺激することによって炎症などが引き起こされるということがあります。

このときの伝達物質にはヒスタミンやブラディキニンと呼ばれるものがあり、これが抗ヒスタミンなどの伝達物質を抑えこむのです。 何が原因となって、このような伝達物質があらわれてしまうのかは未だにハッキリとわかってはいません。

しかし、第一に胃酸の低下が原因として考えられているようです。
さらに、腸内のバクテリアの異常や肝臓機能の低下も原因の場合があります。

そんな状態のなかで、ローヤルゼリーがアレルギーに効いたという例が数多く見受けられます。
アレルギー疾患の予防や改善を目的としてローヤルゼリーを摂取し始める人も少なくないようです。
では、なぜローヤルゼリーはアレルギーに効くのでしょうか?

これは、副腎への刺激があるという点が大きな背景になっていると考えられています。
フランス陸軍のアードリー薬剤医が1956年に発表した実験のデータがその理由として挙げられるでしょう。 副腎は物質の代謝や流れなどのファクターの鍵をにぎっている重要な器官と考えられていますが、 この器官が働きを怠ってしまう場合には、細菌がどんどん細胞に侵入してしまうのです。

アレルギーの人に副腎や腸が弱い人が多いという背景には、こういったメカニズムがあると考えられています。 ちなみに、ローヤルゼリーの効果はビタミンの摂取よりも効果が大きいといわれています。
何と言っても蜂たちが作り出した神秘の妙薬ですから、その豊富な栄養素と成分が大きな効能を示してくれるのでしょう。

Copyright© 2013 Royal Jelly power All Rights Reserved.