更年期障害の対策

女性にとって非常につらい問題のひとつとして更年期障害が挙げられます。
しかし、この更年期の症状はいったいどこからくるのでしょうか?

これまでは卵巣からの排卵が終わって閉経を迎えたときが更年期だという解釈が一般的でした。
実際のところ、更年期になると卵巣は女性ホルモンの分泌をやめてしまって子宮や卵管、膣などは委縮してしまいます。 同時に皮膚はしなやかさを失って、髪の毛のツヤなどもなくなってしまうのが一般的です。 骨はカルシウムを、肉はタンパク質を失って不足しがちになっていくのです。 精神的な負担も大きく、イライラすることが多くなるというのも代表的な症状の一つといえるでしょう。 イライラがこうじて抑うつ症状のようになってしまうこともあるのだとか。 頬がほてったり、目眩が起こりがちになることも・・・

これらの要因を考えると、卵巣に問題があるかのように思えてきますが、
実はそうではないということがわかってきています。
更年期障害を引き起こすトリガーになるのは、どうやら頭だということがわかってきたのです。
具体的には、脳の間脳視床下部というエリアで、その老朽化が大きな問題のひとつと言われています。
分かりやすくこれを言い換えるとすれば、閉経は間脳の老化による結果にすぎないという事で、
その際に引き起こされるのがイライラや肩こり、冷え症や頭痛などの症状だということなのです。

では、なぜ間脳は老朽化していくのでしょうか?
間脳にはモノアミンオキシターゼという悪性の物質が発生することがあり、
これが過剰に出現すると大脳の働きが鈍くなっていき、最終的には間脳も自ら老化していくのです。
そして、ローヤルゼリーはこれを改善してくれるということがわかっています。
間脳に働きかけて、その若返りを促進してくれます。

ローヤルゼリーは70歳になっても生理が訪れるような若々しい身体を作ることも可能なのだとか。
60代になっても、いつまでも若々しくいる方や30代なのに更年期がやってきてしまい、年齢よりも更けて見えてしまう方。 更年期になると色々な症状に悩まされがちですが、その問題は間脳にあったのです。

ローヤルゼリーをしっかりと活用して更年期障害を吹き飛ばしましょう。
ちなみに、ローヤルゼリーそのものにも女性ホルモンと同じ働きがあるということが注目されています。
これは女性ホルモン様作用(エストロゲン様作用)とも呼ばれており、更年期障害の症状の緩和に最適だと言われています。

Copyright© 2013 Royal Jelly power All Rights Reserved.