糖尿病にローヤルゼリー

今や食が非常に豊かになり、選り好みしながら食事を摂取することの出来る現代日本では、生活習慣病の患者数が増え続けています。 欧米式の肉を中心とした食事に親しみ、ほとんどの人が野菜不足という状況において生活習慣病は避けられない問題と言えます。

その生活習慣病の一つに『糖尿病』があります。

糖尿病とは、血液中にブドウ糖が過剰に存在することによって身体の不調を引き起こす病気です。
血中のブドウ糖が過剰になってしまう理由は、インスリンという膵臓で作られる成分が不足することによって起こります。 インスリンはブドウ糖をエネルギーとして活用させる成分なのですが、このインスリンが何らかの影響で不足することで血中のブドウ糖の量が過剰となってしまうのです。

その影響は全身に及び、腎臓・血管・神経・目などにも障害を引き起こす恐ろしい疾患です。
糖尿病になる原因として遺伝的なものも多いのですが、肥満や運動不足などの生活習慣も大きく関わっています。 糖尿病には4つの型があり、それぞれ仕組みが異なります。

『1型糖尿病』は、膵臓のなかのインスリンを製造する細胞に異常があり、インスリン量が絶対的に不足するという状況です。 1型は大人になってからではなく、小さいころから見られるタイプです。

『2型糖尿病』は、インスリンの生成量が低下してしまう状態です。
これには食生活や運動不足などの日ごろの生活習慣が大きく関わっていると考えられています。

他には、遺伝的な異常・他の疾患による影響などから起こる糖尿病や妊娠中に起こる糖尿病があります。

糖尿病は初期段階ではあまり自覚症状が無いため、進行してから始めて気が付く方が多いようです。
自覚症状としてよく表れる『口の渇き』は、血液中の糖分を腎臓で吸収しきれない事から多量の水分と共に尿として排出されるために起こります。
それに伴い、のども乾きやすくなることから水分の摂取量も増加します。

『倦怠感や疲労感』は、インスリンが不足したためにブドウ糖をエネルギーとして代謝できずに起こります。 他にもインスリンの機能が正常でないために、エネルギー不足に陥り体重が減少したり、昏睡状態に陥ってしまう事があります。

糖尿病は合併症が恐ろしい病気であると言われますが、合併症には神経障害・網膜症・腎症などがあります。 神経障害は人によって様々ですが、手足がしびれたり立ちくらみが起きたり勃起不全などの障害が表れます。 網膜症は網膜に栄養が行き渡らなくなることで細胞が壊死を起こし失明に至る危険性があります。 腎症は尿の濾過膜が破壊されることで尿毒症などを起こしやすくなります。

これらの恐ろしい障害を引き起こす糖尿病ですが、ローヤルゼリーには糖尿病の症状を予防・改善するパワーが秘められています。 既に医学界でもその作用は発表されており、インシュリンの生成に欠かせないビタミンB6が豊富に含まれているという点も大きく関係していると考えられています。

ローヤルゼリーにはビタミン群だけでなく必須アミノ酸や他の栄養素も豊富に含まれていますので、生活に取り入れてしっかりと健康管理しましょう。

Copyright© 2013 Royal Jelly power All Rights Reserved.