腎臓にローヤルゼリー

「肝腎」この言葉は常用外ではありますが「肝心」という言葉と同義です。
つまり大切なポイントであるということですが、この言葉から窺い知ることが出来るように腎臓は肝臓とならんで身体にとって必要不可欠な重要な臓器です。

しかし、なぜか不思議なことにお年寄りの病歴の終着点というケースが非常に多いようです。
腎臓は尿などの出口を管理している門番のような存在です。
そのため回ってくる血液の量が少なくなってしまうと尿が出にくくなってしまうことがあります。
高血圧や動脈硬化などにおそわれると、その途端にストライキを起こしてしまうこともあります。
心臓にかかる負担も腎臓次第であるという言葉もあるほどで、しっかりと腎臓の健康を管理してあげる必要があるのです。

腎臓の働きは体の中の代謝によって出てきた有害物質などを尿としてろ過して排出すること。
老廃物の処理係のような働きがあるので、これに失敗してしまうと尿素やクレアチニン、尿酸、ナトリウム、カリウムなどが体にたまってしまいます。
結果として尿毒症状を引き起こすことになるのです。


そして、もっとも多いと言われているのが腎炎の患者です。 中年を過ぎたころになると、動脈硬化や糖尿病、痛風などを伴って腎臓病を発症するケースが多くなります。
これは、血液のろ過装置ともいえる糸球体がはるか彼方に引き起こされた扁桃炎の溶連菌の影響で引き起こされた結果とも考えることが出来ます。 それだけデリケートな性質を持っているのです。

腎臓病に対して食事療法をとる場合でも注意しておかなければいけないポイントがあります。
糸球体はいわば「ふるいの目」のような存在ですが、これが粗くなってしまうとタンパク質などがどんどん尿へ漏れていってしまいます。 こうなると、当然のことながらタンパク質をより一層しっかりと食事から摂取しなければいけません。
この逆にふるいの目が詰まってしまえば、体内にタンパク尿が溜まってしまうことになります。
これなら逆にタンパク質は控えなければいけません。
腎炎にかかってしまった場合は、必須アミノ酸が必要不可欠になってきます。
これがなくなってしまうと、タンパク質の代謝がうまく行かなくなって、身体のタンパク質が壊されてしまうのです。 その後は老廃物が蓄積されることになり悪循環が始まってしまいます。

これを改善するために必須アミノ酸が豊富に含まれているローヤルゼリーが役立ちます。
ローヤルゼリーを摂取すると二週間程度で慢性腎炎が改善したという話もあるようです。

Copyright© 2013 Royal Jelly power All Rights Reserved.