肝カタラーゼとの関係

肝臓は身体のなかでもっとも大きな臓器として挙げられます。
多岐にわたる機能を持っているので、ヒトの生命活動には必要不可欠といえるでしょう。
タフでおとなしく、常に黙々と働き続けることから”沈黙の臓器”とも呼ばれています。
この俗称の由来としては、多少の不調や欠損では何の自覚症状もないというのが大きな背景となっているそうです。

肝臓の働きはいろいろですが、その機能から化学工場とも呼ばれています。
炭水化物やタンパク質、脂肪や水分などの代謝のうえで重要な働きを果たすのがその理由でしょう。
各種のビタミンの貯蔵庫としての役割や解毒作用を処理する役割も関係しています。
代表的な肝臓の疾患として挙げられるのは、急性ウイルス性肝炎やそこから引き起こされる慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんです。 これらは学者の研究の対象にもなっています。

急性ウイルス肝炎は肝炎ウイルスの感染によって引き起こされる疾患で、A型肝炎やB型肝炎があります。
A型肝炎は身体が急に怠くなったり、食欲がなくなったりする自覚症状があります。
これに対してB型肝炎は輸血や注射などからウイルス感染してしまうもの、口からも感染する可能性があります。 全身が倦怠感におそわれて何か月も入院しなくてはいけないという恐ろしい病気です。

一般的に肝炎の医療法は十分な安静と高たんぱく食を摂ることとされています。
破損された肝臓の細胞をしっかりと治癒する必要があるからです。
症状が悪化しないことを確認しながら、普通の生活を送れるように待つことしかできないので、非常に消極的な治療しかできないのが問題点と言えるでしょう。

しかし、こんなときにローヤルゼリーを摂取するのは非常に有効な手段として挙げられます。
ローヤルゼリーは肝カタラーゼを増やしてくれるので、治療の効果が早くなるのです。

さらに、ローヤルゼリーは悪性腫瘍や放射線照射によって肝カタラーゼが減少してしまった場合でも肝機能の正常化に極めて有効としています。 実際に慢性肝炎や胃腸病、不眠症の患者にローヤルゼリーを摂らせたところ、肝臓の鈍痛がなくなって食欲が回復したという報告もあります。

これは、ローヤルゼリーのビタミンB2とナイアシンという成分が、肝臓の解毒作用をサポートしたことが大きな背景だと考えられます。 もちろん、この他にも要因はあるでしょう。
ローヤルゼリーは、その性質上”身体の不調をじっくりと改善していく”健康食品と考えられます。
歪みを正していくことで身体の調子を整えるのです。
肝臓に不安がある人はローヤルゼリーをためしてみると良いでしょう。

Copyright© 2013 Royal Jelly power All Rights Reserved.