動脈硬化を防ぐ効果

加齢とは恐ろしいものです。
年齢を重ねると身体の各部が衰えていきます。
もちろん、それは血液も同じであり、動脈の内壁にコレステロールや中性脂肪が溜まったりカルシウムが増えたりして動脈の弾力性がなくなったり硬くなったりします。

そして、これがどんどん進行していくことによって血管の内壁が狭くなっていき、
血流が流れにくくなる状態を動脈硬化と呼ぶのです。

一般的には40歳以上になると、ほとんどの人が動脈に何等かの硬化性の変化があると言われています。
早い場合は10代のころから既に血管が硬化し始めているということもあるのだとか。
こういった背景から、生活習慣病の半分以上は「血管病」といわれているのです。

そして、血管に悪影響を与えてしまうと言われているのが血液中に存在する脂肪のひとつであるコレステロールです。 このコレステロールが増えすぎてしまうと著しく動脈硬化が進むと考えられています。
ローヤルゼリーはそんな生活習慣病の原因であるコレステロールを抑え込むことのできる健康食品です。
そのため、積極的に摂取することによって動脈硬化を予防・改善することが出来ると言われています。

ローヤルゼリーにはイノシトールというビタミンBの複合体がたっぷりと含まれています。
このビタミンが肝臓の脂肪代謝を良くしてくれるということから、
コレステロールの沈着を防いでくれるのです。

さらに、ローヤルゼリーは自律神経を整えてくれる効果もあるので動脈硬化などの生活習慣病の原因と言われているストレスを緩和させることが出来ます。
ストレスを緩和させることが出来れば、動脈硬化の発生リスクはかなり下がるはず。
同時に肥満を解消することが出来れば、危険因子はほとんど取り除かれたと考えても良いかもしれません。 ただし、そのためには運動不足をしっかりと解消して、なおかつ日々の食生活も改めて考え直す必要があります。

そのうえでローヤルゼリーを継続的に飲用することが肝心なポイントです。
食事は脂っこいものは極力さけて、野菜をたっぷり食べるようにすると良いでしょう。
ビタミン類を摂取するように意識して、塩分は控えめにします。
塩分は血圧を高める要因です。
高血圧は結果的には動脈硬化を引き起こすので、その点も意識しておく必要があるでしょう。
たばこやアルコールも避けるべきだと断言できます。
これは百害あって一利なしです。
こういった生活習慣の改善に努めることが出来れば、かならず健康を手に入れることが出来るはずです。

Copyright© 2013 Royal Jelly power All Rights Reserved.