ローマ法王の奇跡

驚異的な効果を持っているローヤルゼリーが私たちにとって一般的なものになったのは何時からなのでしょうか? その普及の歴史を紐解いてみると、世界的にブームになったのは1950年代になってからと言われています。

そして、その発端になったと言われているのが当時世界中を沸かせたローマ法王の奇跡でした。
1954年にローマ法王であるピオ12世が80歳を超えた高齢で老衰のために絶望的な状態に陥っていたのですが、 その際にバチカンの名医たちによって受けた数々の治療を受けるも効果がなく、あわや臨終に追い込まれそうになったのです。

そのときに、最後の手段としてひん死の法王にローヤルゼリーを処方したのだとか。
そして法王はローヤルゼリーの薬効で奇跡的によみがえり、すっかり健康を取り戻したといいます。

1955年には、ローマで開催された国際学会でリシ―医師がローヤルゼリーによって法王が回復したと発表しました。 それをうけて、翌年にローヤルゼリーの効果が学会で発表されたそうです。

そこでは、強力な栄養剤と紹介されていて、人体の成長を助けたり強力な殺菌力を持つとされています。
それゆえにローヤルゼリーは人体の健康を増進させて人間の寿命を延ばす力を持っていると考えられたのです。 1958年の世界養蜂会議では法王自身が出席し、体験談を披露したと言われています。
そして最後にミツバチに対して感謝の意を述べたのだそうです。

法王を死の床からよみがえらせたローヤルゼリー薬効はいったいどんなものだったのでしょうか?
実は、それはローヤルゼリーが誇るほかに例を見ないほどの新陳代謝を促進させる力と人間の細胞への賦活作用が影響しています。 このメカニズムは今でこそ根源的な背景になったと考えられていますが、当時は科学的に未知である部分が多かったということから、 ローヤルゼリーは世界中の人に奇跡の妙薬として受け取られたようです。

このローマ法王との出来事が火種となって世界的にローヤルゼリーが人気を博すようになります。
このブームは後に日本にも到来して、ローヤルゼリーの流行を巻き起こしました。
ちなみに、ローヤルゼリーの薬効によって長寿を得たという体験談は世界中で多く耳にすることが出来ます。 ソ連の長寿者はローヤルゼリーを食していたということで有名で、これは典型的なビタミン食だったということが大きな背景となっています。

この結果として日本では10万人に一人しかいない100歳以上の長寿者がソ連のひとつであるグルジャ共和国では、1000人に一人の割合で存在するのだとか。

ローヤルゼリーの効果は本当にすごいものがありますね。

Copyright© 2013 Royal Jelly power All Rights Reserved.