ローヤルゼリーはどんなもの?

ローヤルゼリーとハチミツは混同されがちですが、実はまったく異なる物質です。
ハチミツはなめると甘くて大変美味しいですが、ローヤルゼリーはピリピリとした酸味があります。
酸っぱいので飲みにくいと感じる人もいるでしょう。

ハチミツの原料は花の蜜で、ミツバチが集めてきたものが素材となって生成されます。
その一方でローヤルゼリーは働き蜂が花粉と花の蜜を身体の中で消化して咽頭腺から吐き出したものを指しています。 ハチミツは働き蜂たちの食料となるものですが、ローヤルゼリーは女王蜂だけの特別な食事です。

薬品ではないの?

ローヤルゼリーは生活習慣病や様々な疾患に効果を発揮します。
そんな素晴らしい薬効から医薬品と勘違いされてしまうこともありますが、実際には薬品なのでしょうか、それとも食品でしょうか? 結論からいえば、ローヤルゼリーは医薬品ではありません。

未だに科学的な分析が完全に解明されているわけではないということもありますし、病気を治す所謂「治療薬」とは異なります。 日本では滋養強壮剤として薬品登録を済ませてある製品もあるようですが、上記のとおり治療薬ではないのです。

ローヤルゼリーが薬品でないと効果・効能はうたえない!?

薬品ではない場合は効果と効能をうたえないのは事実です。
しかし、ローヤルゼリーそのものは素晴らしい薬効を持っています。
そのため、自然治癒力が増したり自律神経を強くしたり、生理作用を高めたりと昔から実例が残されています。 いわゆる食薬としての期待値は計り知れないものがあると考えて良いでしょう。
副作用の心配はありませんが、ローヤルゼリーには注意すべき点がいくつかあるそうです。

病気を予防したり、健康をつくったりするのは「医薬品」だけではないのです。
身近にある野菜や肉類などの食品やローヤルゼリーなどの健康食品などが健康づくりに役立つのです。
この他にもローヤルゼリーの効果としては男性の精力増強や精力回復に効果を発揮します。
結果的に勃起不全(ED)の改善にも働きかけてくれます。
エストロゲン作用があるということから、更年期障害や育毛にも役立つのです。

エストロゲン作用とは?

これは一言でいえば女性ホルモンに似た働きを指しています。
そのため、女性ホルモンの不足によって引き起こされるホルモンバランスの乱れによる病気を改善することが出来ます。 それが育毛や更年期障害の緩和というわけです。

男性であれば、ムダな体毛が気になるという方にもローヤルゼリーはおすすめです。
女性ホルモンがムダ毛を減らしてくれるというメカニズムが解明されています。

Copyright© 2013 Royal Jelly power All Rights Reserved.